高エネルギー物理学とは


物質はすべて水素や炭素などの分子からできています。その分子は複数の原子の結合によって、さらに原子は中心の原子核の周囲に電子が束縛されることによって構成されています。その原子核はもっと小さい物質から構成されており、物質を構成する最小の構成要素まで遡ることが出来ます。素粒子とは、その最小の構成要素のことを指します。
高エネルギー物理学とは、素粒子の仕組みや物理法則を巨大な「顕微鏡」、加速器を使った実験によって解き明かしていく学問です。

News

この研究室の過去の活動記録です。

Study

高エネルギー物理学という学問分野全体の概要の説明です。

Laboratory

この研究室で勉強できることが知りたい方へ。

Document

これまでの論文やプレゼンテーションはこちら。

Location

この研究室へのアクセスはこちら。

Link

この研究室と関係のある機関へのLinkです。

InternalOnly

研究室内部専用ページ。(関係者以外立ち入り禁止)

Old HP

この研究室の以前のHPはこちら。(~2019/11/27)

STAFF

奈良女子大学高エネ研には現在、スタッフ4名(内1名非常勤)、修士の大学院生7名、大学4回生5名の計16名が在籍しています。 Memberページはこちら

     
User Avatar

宮林謙吉 / Miyabayashi Kennkichi
加速器を用いたCP非保存または重いハドロン分光学に関する実験的研究および粒子検出器開発

Codrops Logo
User Avatar

下村真弥 / Shimomura Maya
加速器で高速に加速した原子核を正面衝突させた時にできるクォーク・グルーオンプラズマ(QGP)についての実験的研究

Codrops Logo
User Avatar

蜂谷崇 / Hachiya Takashi
重イオン衝突実験におけるヘビーフレイバーエレクトロンの研究

Codrops Logo
User Avatar

林井久樹 / Hayashii Hisaki
加速器を用いた、素粒子の特性、反応メカニズムに関する実験的研究

Codrops Logo