写真著作:高エネルギー加速器研究機構
  素粒子原子核研究所

Go to English page

奈良女子大学
高エネルギー物理学研究室

630-8506 奈良市北魚屋西町
奈良女子大学 理学部 数物科学科

最新情報・更新履歴
2019/09/17-20
日本物理学会2019年秋季大会にて
M2の釜野さんが「LHC-ALICE実験Run3のミュー粒子飛跡マッチング効率の定量評価」 というタイトルで、
M2の港さんが「ALICE実験高度化に向けた前方領域におけるSi-W電磁カロリメータの開発と新解析手法の評価」というタイトルで、
M2の藤井さんが「Belle II実験の2019年春季運転データにおけるB0->J/psiK*0崩壊の再構成と崩壊点位置分解能の評価」 というタイトルでトークを行いました。     
2019/08/19-21
チュートリアル研究会にて
M2釜野さんが「ALICE実験前方ミュー粒子飛跡検出器と既存測定系とのマッチング効率の定量評価」というタイトルでポスター発表を行いました。 
2019/07/29-8/2
Belle II Summer School 2019に参加しました。       
2019/6/17-21
33rd B2GMに参加しました。
2019/05/17-19
春の学校にて
M1青山さんとM1西川さんが「小型ラドン検出器の性能評価及び改良」というタイトルで共同でポスター発表を行いました。
2019/04/10
2018年度の卒業論文と修士論文を掲載しました。(研究室ドキュメント集)
2019/04/08
新体制で研究室がスタートしました。
2019/03/16
日本物理学会第74回年次大会にて
M2の石丸さんが「RICH-PHENIX実験での金+金原子核衝突√S_NN =200GeVにおける重いクォーク起源の電子の方位角異方性の測定 」というタイトルで、
M1の釜のさんが「LHC-ALICE実験前方ミュー粒子飛跡検出器を用いた飛跡再構成能力の検証」というタイトルでトークを行いました。
2018/11/13
M1の港さんがQNP 2018 8th International Conference on Quarks and Nuclear Phisicsにて「Performance evaluation of the forward calorimeter prototype for ALICE」というタイトルでポスター発表しました。
2018/10/31
2018年度Flavor Physicsに参加しました。
2018/10/23
教員の蜂谷さんが第5回 日米物理学会合同核物理文科会にて「RHIC加速器におけるヘビーフレイバー物理」というタイトルでトークを行いました。
2018/09/16
M2の加納さんが日本物理学会 2018年秋期大会にて「Belle II実験電磁カロリメータ用PIN-PD電流値モニターによるSuperKEKB加速器phase2運転の放射線量測定」というタイトルで口頭発表を行いました。
2018/09/09
M2の西谷さんがHot Quarks 2018にて「Study of azimuthal anisotropy of charged particles in Au + Au collisions at √s_{NN}=200 GeV at RHIC-PHENIX」というタイトルで口頭発表を行いました。
2018/08/30
卒論・修論を更新しました。
2018/05/15
教員の蜂谷さんがQuark Matter 2018にて「Nuclear modification factor and Flow of charm and bottom quarks in Au+Au collisions at √sNN=200GeV by the PHENIX Experiment.」というタイトルで口頭発表を行いました。
2018/04/01
新体制で研究室がスタートしました。
2018/03/25
M1の西谷さんが日本物理学会 第73回年次大会にて「RHIC-PHENIX実験におけるAu+Au√sNN=200GeVでの荷電粒子の方位角異方性の研究」というタイトルで口頭発表を行いました。
2018/03/09
下村助教がKick-off symposium of Quark Gluon Plasma Research Unitにて「Development of a signal extraction method for π0-π0 correlation analysis at ALICE- FoCal」というタイトルで口頭発表を行いました。
2017/12/12
下村助教が9th International Workshop on Multiple Partonic Interactions at the LHCにて「System size dependence of high pT hadron production at RHIC-PHENIX」というタイトルで口頭発表を行いました。     
2017/09/14
宮林教授がInternational Conference on Exotic Atoms and Related Topics (EXA2017)にて「Belle studies of exotic hadrons with heavy flavors」というタイトルで口頭発表を行いました。
2017/06/12   
研究室内部専用ページのパスワードを更新しました。
卒論・修論を更新しました。
2017/07/05-06
ALICE Forward Calorimeter MeetingにてM2坂本さんが「pi0-pi0 correlation for FoCal simulation」というタイトルで口頭発表を行いました。
2017/05/18-20
春の学校においてM1西谷さんが「高エネルギー素粒子・原子核衝突における運動学的考察」というタイトルでポスター発表を行いました。
2017/04/01   
Stefan Meyer Institute から 博士学生の Manfred Berger さんが来られました。6月30日まで研究室に滞在します。    
2017/04/01
クロスアポイントメント教員の蜂谷崇さんが着任しました。   
2017/04/01
新体制で研究室がスタートしました。
2017/03/17
下村助教が第72回日本物理学会にて「高エネルギー原子核衝突実験の将来展望」というタイトルでシンポジウム講演を行いました。
2017/02/26
Belle II Japan Student meeting での卒論発表部門で、B4石丸さんがベストトーク賞を受賞しました。
2017/02/08
>Quark Matter 2017で下村助教が「PHENIX results on charged-hadron azimuthal anisotropies in Au+Au collisions at center-of-mass energies from 39 to 200 GeV」というタイトルで口頭発表を行いました。
2017/02/06
>Quark Matter 2017でM1坂本さんが「Performance evaluation of Si PAD detector for the ALICE FoCal development」というタイトルでポスター発表を行いました。
2016/10/27
Flavor Physics Workshop 2016にて「Belle実験における τ-→π-2π0ντ 及び τ-→π-3π0ντ における崩壊分岐比とスペクトラル関数の測定」というタイトルでM1池田さんとM3長谷川さんが共同でポスター発表を行いました。
2016/09/21
研究室内部専用ページを更新しました。
2016/09/13
M2武田さんがHOT QUARKSで「Measurements of azimuthal anisotropy for high pT charged hadrons at √sNN=200GeV in Au+Au at RHIC-PHENIX」というテーマで発表しました。
2016/08/29
>XLVI International Symposium on Multiparticle Dynamics(ISMD2016)で下村助教が「Measurement of azimuthal anisotropy at RHIC-PHENIX」というタイトルで発表を行いました。
2016/08/10
研究室内部専用ページのパスワードを更新しました。
2016/07/26
宮林教授が14th International Conference on Meson-Nucleon Physics and the Structure of the Nucleon (MENU 2016)にて「XYZ resonances at Belle」というタイトルで口頭発表を行いました。
2016/04/01
新体制で研究室がスタートしました。
2016/03/25
下村助教がMoriond QCDで発表しました。
2016/03/03
卒業研究発表会を実施しました。
2015/11/03
宮林教授が11th European Research Conference on Electromagnetic Interactions with Nucleons and Nuclei (EINN2015)にて「Results on heavy-quark exotic hadrons at Belle and future perspectives」というタイトルで口頭発表を行いました。
2015/10/19
下村助教が4th Japan-Korea PHENIX Collaboration Meetingにて「Introduction of Nara Women's University」というタイトルで発表を行いました。
2015/10/09
Flavor Physics Worskshop 2015を盛況のうちに終えることができました。
2015/09/29
下村助教がQM2015会議で「金・金衝突における高Ptハドロンのビーム軸まわりの非一様性の測定」についてのポスター発表を行いました。
2015/08/20
宮林准教授がLepton Photon Symposiumで「CP Violation」と題した招待講演を行いました。
2015/05/25
宮林准教授がFPCP2015会議で「Mixing-induced CP Violation in Bd decays」と題した講演を行いました。
2015/04/01
新体制で研究室がスタートしました。

過去の情報はこちら


我々の研究分野についての説明です
研究室全体で進めていること、
在学中の勉強と研究についての説明です
教員&在籍中の学生、
および卒業生の紹介です
研究室の沿革、歴史の説明です
論文やプレゼンテーションのリストです
関係者以外立ち入り禁止
(パスワード必要)

   LINKS    奈良女子大学  ·  理学部  ·  数物科学科   

高エネ秘密のおへや
最終更新:2019年10月18日
ご意見、お問い合わせは へどうぞ