Welcome to High Energy Physics Laboratory, Nara Women's University

HTML5 Logo


私たち高エネルギー物理学研究室では
この宇宙が何でできているのかを知るため日々研究を行っています。

  • 2020/1/13-15

    蜂谷助教とM2の港さんがCERNで行われたFOCAL reviewに参加しました。

    2019/12/22

    下村助教と蜂谷助教、M2の釜野さん、鈴木さん、港さんが第37回Heavy Ion Cafe並びに第30回Heavy Ion Pub合同研究会に参加し、
    M2の港さんが「performance evaluation of a Forward Calorimeter for the ALICE upgrade」というタイトルでトークを行いました。

  • 2019/12/7-16

    宮林教授とM2の藤井さんがフランスのIPHCで行われたTDCPVグループの議論に参加しました。

    2019/12/8-14

    蜂谷助教とM2の鈴木さん、B4の柴田さん、森田さんが台湾のNCUにて、INTT-testbenchのSet Upに参加しました。

  • 2019/11/19-22

    Flavor Physics Workshop 2019にて、
    M2の藤井さんと藪内さんがトークを、M1の青山さんと西川さんがポスター発表を行いました。
    発表タイトル
    藤井:Belle II実験の2019年春期運転データにおけるB^0 ¥to J/¥psi K^{*0}崩壊の再構成と崩壊点位置分解能の評価
    藪内:SIMP type dark matter search In e+e- collisions at Belle II
    青山:KEK/BelleⅡ実験の オンライントリガーモニターの製作
    西川:Belle II実験における𝑩𝟎 → 𝜼𝒄𝜸𝑲±𝝅∓の研究

  • 2019/11/4-9

    QUARK MATTER 2019にて、
    蜂谷助教とM2の釜野さんと鈴木さんと港さんがポスター発表を行いました。
    発表タイトル
    蜂谷:Centrality dependence of bottom and charm production at PHENIX
    釜野:Quantitative evaluation of muon track matching efficiency with Muon Forward Tracker and Muon Spectrometer at ALICE
    鈴木:Performance evaluation of sensor module for INTT at sPHENIX
    港:Performance evaluation of a Forward Calorimeter for the ALICE upgrade

News

この研究室の活動記録です。

Old HP

この研究室の以前のHPです。
(~2019/11/27)

InternalOnly

研究室内部専用ページです。
(関係者以外立ち入り禁止)

STAFF

奈良女子大学高エネ研には現在、スタッフ4名、修士の大学院生7名、大学4回生5名の計16名が在籍しています。

User Avatar

林井久樹 / Hayashii Hisaki
加速器を用いた、素粒子の特性、反応メカニズムに関する実験的研究

Codrops Logo
     
User Avatar

宮林謙吉 / Miyabayashi Kennkichi
加速器を用いたCP非保存または重いハドロン分光学に関する実験的研究および粒子検出器開発

Codrops Logo
User Avatar

下村真弥 / Shimomura Maya
加速器で高速に加速した原子核を正面衝突させた時にできるクォーク・グルーオンプラズマ(QGP)についての実験的研究

Codrops Logo
User Avatar

蜂谷崇 / Hachiya Takashi
重イオン衝突実験におけるヘビーフレイバーエレクトロンの研究

Codrops Logo